FC2ブログ

ビルドの日々

主に木造住宅に関する様々な日常を綴った日記です
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

オートバイ。

tokuten2.jpg


始めましての方も、そうでない方もこんにちは。

ジーエム・ビルドの設計です。




先週末、関東地区を通過した台風が関西方面へ進路を変えて進んでいたころ、

三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットでは、2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦となる

鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会の決勝レースが開催されました。

20180729-00000006-impress-000-1-view.jpg

決勝当日、朝には雨が止み太陽が出ていたので、このままドライコンディションで決勝レースを迎えるかと思われましたが、

スタート20分前に突然激しい雨に見舞われ、路面は完全にウエットコンディションに変わりました。

画像はスタート直後のシーン。水しぶきが舞い上がっています。









8時間にわたる長い戦いを終え、 YAMAHA FACTORY RACING TEAMが優勝し鈴鹿8耐4連覇を達成しました。

中須賀選手、アレックス・ロウズ選手、マイケル・ファン・デル・マーク選手、おめでとうございます。

21-yamaha-factory-racing-team-.jpg










今回のレースは雨の他、マシンの炎上や追突、オイル漏れなどでセーフティカーが大活躍(。>ω<。)ノ

スタートして5時間~6時間経過の間は40分くらいセーフティカーが走っていました。

1D2_3580-660x440.jpg


タイヤがドライ用のため急な雨の場合はセーフティカーが介入するのは判ります。

ですが、タイヤを交換するためにピットへ入ったバイクがタイヤ交換後に本コースへ戻ろうとしても

コース合流口のシグナルが赤のままなので、コースになかなか戻れないバイクが数台いました。




これはサーキット側の不手際ですよ。

耐久レースは給油とタイヤ交換の判断が勝負の分かれ目ですし、急な雨に対処するタイヤ交換は重要な要素です。


鈴鹿サーキットを運営している㈱モビリティランドは、本田技研工業傘下のモータースポーツ施設運営会社なので

ヤマハの4連覇を阻止したい本田技研工業に忖度したのでは・・・・・と勘ぐりました。












鈴鹿8時間耐久ロードレースが終わるとサマーブレイク中だったmotoGPが再開します。

応援しているロッシは現在ランキング2位につけていますが・・・・・・・。

112267-764x510.jpg












生まれ育ちも埼玉県の私が思うに・・・・


諦めたらそこで試合終了ですよ



そして、埼玉県の不動産と建築はリプログループにお任せです。

建物の購入をお考えの方、買い替えをお考えの方。

お気軽に弊社までご連絡下さい。



ではでは
スポンサーサイト



【 2018/07/31 (Tue) 】 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ビルドな人

Author:ビルドな人
さいたま市を中心に木造住宅を建築させていただいています。
[ジーエムビルド]
些細な事からびっくりするような?イベントまでを更新していきます。ごゆっくりとご覧下さいませ♪

ビルドなカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR