FC2ブログ

ビルドの日々

主に木造住宅に関する様々な日常を綴った日記です
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

YKK APの体感ショールーム!

こんばんは、CADオペです
今日もジメジメ、昨日もジメジメ…明日はジメジメはなくなるでしょうか?


先日、品川にあるYKK APの体感ショールームへ行って参りました!
しかし先に謝ることが…体感ショールームに行って来たのですが…一切写真がありません!(;д;)すみません。。
なので体感ショールームの中は コチラ のYKK APのホームページをご覧ください!


体感ショールーム内に入り、まず最初に目に入ったのはペッパーくん…。動いたり、しゃべったりしていました。


体感ショールームは、基本的にプロユーザー向けとのことで、一般の方は入れる部分が制限されるようです。
一般の方でも入れる部分も、とても面白かったので紹介したいと思います。

それが、未来の窓です。(未来窓プロジェクト:http://www.ykkap.co.jp/company/japanese/news/detail.html?s=20170628
触れなくても手をかざすだけで窓を自動で開けられたり、
窓に天気予報が写ったり、玄関ドアに映像が写ったりしていました!

玄関ドアは映像が写るだけでなく、顔認証で自動でドアが開いたり、
消し忘れのある部屋の電気をドアをタッチするだけで、消したり!

さまざまなことを玄関ドアひとつでできるという、未来の窓でした。
将来、窓をタッチするだけで、さまざまなことができるようになるんでしょうか……
ちょっぴり楽しみな未来ですね~

この未来の窓は品川だけでなく、新宿のショールームにもあるようです!
コチラは一般の方も見に行けるようなので、興味の出た方はぜひ!



ここからは一般の方は入れない部分の内容です!

主に窓の性能体験をしてきたのですが、断熱効果の体験ルームでは
冬を想定した、-5℃に冷やされた冷凍庫内に窓と断熱材の使用の異なる5つの部屋があり、
その部屋に入って、温度差等を体験してきました!

無題


今回は、平成25年基準・YKK AP推奨仕様ⅠとⅡ・パッシブハウスの4種類の部屋に入りました。
室内はすべて同じ22℃に設定されており、温度差だけでなく、結露具合なども見ることができました。

パッシブハウスでは、窓の厚さも断熱材の厚さも他の部屋とは異なっていて、
断面を見るだけでも、こんなに違うんだと、驚きました。


その他に遮熱性・防露性・遮音性も体験できました!
9種類から15種類ほどの窓で比較してきました。

身をもって体験すると、こういう理由で窓が暖かったり、冷たかったりというのが分かるので、とてもいい経験になりました。
また私の直接関係する部分として、通風性を目で見れて良かったなと思います。
このような体験をする機会は中々ないので、楽しくもありました。





物件のお問い合わせは、こちらまで↓↓

(株)リプロ さいたま新都心店 
TEL 048-789-6450


スポンサーサイト



【 2018/07/06 (Fri) 】 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ビルドな人

Author:ビルドな人
さいたま市を中心に木造住宅を建築させていただいています。
[ジーエムビルド]
些細な事からびっくりするような?イベントまでを更新していきます。ごゆっくりとご覧下さいませ♪

ビルドなカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR