FC2ブログ

ビルドの日々

主に木造住宅に関する様々な日常を綴った日記です
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106
月別アーカイブ  【 2018年05月 】 

スポーツマンシップ。

始めましての方も、そうでない方もこんにちは。

ジーエム・ビルドの設計です。







南半球最高峰リーグのスーパーラグビーの結果です。

12日(土)に秩父宮ラグビー場で行われた、サンウルブズ(日本) vs レッズ(オーストラリア)戦ですが、

63-28でサンウルフズが大勝。

開幕10戦目でやっと、やっと、やっと初勝利を挙げました。

cde35e0b6f2e7dd0932ca6c4fadea782dabfbf102114698e5d7e3770bb4d707b.jpg




因みに日本で行う試合としては、今シーズン最終戦。

シーズン終盤ですので、レッズが手を抜いたとは思いませんが、

日本に負けたことは、レッズとオーストラリアラグビー界にとって悪夢でしょう。






この試合の数日前、ドラマ「スクール☆ウォーズ」で熱血教師・滝沢賢治役を演じた山下真司さんが、

開幕9連敗と苦戦が続くサンウルブズの合宿先を訪問。

ドラマのモデルとなった京都・伏見工出身のSH田中史朗選手、内田啓介選手へ熱いエールを送っています。

この応援が効いたのでしょうか。

m_20180508058.jpg















話しは変わりますが、アメリカンフットボールが悪い意味で話題になっています。

日大と関学大との定期戦で、日大選手の過度な反則行為により、関学大の選手が負傷しました。

関学大アメフト部は12日、兵庫県西宮市の大学内で会見を開き、日大に抗議文書を送りました。

このニュースを皆さんはご存知でしょうか。




『アメフト日大 反則ラフプレー』で検索すると、反則をした際のプレー動画がたくさん出て来ます。




フィジカルコンタクトを伴う球技において、ボールを保持していない選手への接触は禁止されています。

この試合、関学大の選手がボールをスローイングした数秒後にタックルされ負傷退場となりました。

勢いが止められず結果としてレイトタックルになるケースはありますが、レイトタックルと呼べるものではありません。




故意で仕掛けた、悪質なタックルです。




日大の選手はその後のプレーでも不必要な乱暴行為を続け退場処分となりましたが、

これらの反則は日大の内田監督に指示されたようで試合後の内田監督コメントは・・・・・


『うちはこんなもの。今はリーグ5、6位の実力で連覇はきつい。

トップと思わず、下から上がっていくだけ。』



不必要なラフプレーの反則を連発に対しては、

『力がないから、厳しくプレシャーをかけている。待ちでなく、攻めて戦わないと。

選手も必死。あれぐらいやっていかないと勝てない。やらせている私の責任』

と、持論を展開していましたが、その後は公の場に姿を現さず雲隠れしています。




そして、日本大学が所属する関東学生連盟は、お咎め無しの方針でしたが、

プレーの悪質さがネットで炎上すると方針を転換し、10日に処分を発表するという お粗末さを露呈。

この点についても、大きな問題と言えるでしょう。














生まれ育ちも埼玉県の私が思うに・・・・


激しいプレーと、汚いプレーを一緒にしないでほしいものです。


そして、埼玉県の不動産と建築はリプログループにお任せです。

建物の購入をお考えの方、買い替えをお考えの方。

お気軽に弊社までご連絡下さい。



ではでは
スポンサーサイト
【 2018/05/13 (Sun) 】 日常 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ビルドな人

Author:ビルドな人
さいたま市を中心に木造住宅を建築させていただいています。
[ジーエムビルド]
些細な事からびっくりするような?イベントまでを更新していきます。ごゆっくりとご覧下さいませ♪

ビルドなカウンター
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR